(体験談20代女子)草食系彼氏に悩む私

セフレで流行するこの関係は、セックスだけを楽しむわりきりの間柄です。驚くべきことに、独身はだけでなく伴侶がいる人にも、セフレは重宝されています。

かくいう私も、彼氏はいますがセフレと関係を持っています。彼は所謂、草食系で・・・私は毎日でもしたいのですが「月に一度でよくない?」と。20代男子がそれで良いのかと突っ込みながらも、彼のことは大好きなので、無理強いは出来ません。

でも、性欲は溜まる一方で・・・彼には悪いと思いながらも、最近はセフレと発散しています。

最初は出会い系サイトを使って探しましたが、これは意外と面倒臭かったです。何故なら、深い交流を希望する人が多い。私はセックスをしたいだけで、食事や買い物といったデートがしたいわけではなかったので、すべてお断りしました。

逆に、セフレサイトは使い易かったです。LI●EのID交換→交渉で、当日中に楽しんだこともあります。殆どの関係は一回~数回で、同じ人と五回を超えることはないですね。きっとみんな、色々な人と楽しみたいのだと思います。

どちらのサイトも、登録・利用ともに無料で使えるところが多いので、ちょっと気になるな・・・という人はぜひ、挑戦してください。ただ彼氏や旦那さんがいる人は、メールなんかのログ管理に注意したほうがいいと思います。

続きを読む

(体験談30代女子)無料の出会い系でセフレゲット

無料の出会い系サイトでも、セフレ探しは可能です。会員比率は男性8:女性2なので、女性であれば年齢問わず入れ食いといっても過言ではありません。

私がセフレ探しをはじめた切っ掛けは、彼との同棲解消でした。破局したわけではなく、彼の転勤による解消です。同棲中は、殆ど毎日といっていいほどセックスを楽しんでいたので・・・私の体は毎日うずいてばかりでした。

彼を裏切る真似はしたくない。だけど体はうずいて仕方がない。そんなことを匿名掲示板で愚痴ると、こんな返信がありました。

『それなら、セフレでもつくればいいじゃん』

ご丁寧に、その人は手ごろな出会い系サイトのアドレスも掲載してくれました。いま思うと、ステマやサクラの類だったのかもしれませんが・・・特に問題ないサイトだったので、利用させてもらいました。

まず驚いたのは、利用者の数。普段、使っているSNS並みに人がいたので、相手探しに困ることはありませんでした。そして何より、返信率が高い、はやい。交渉はトントン拍子に進み、2日後には会うことができました。

最近ではわりきり専用の出会い系サイトが増えて、相手探しはますます楽になりました。即日に会えることも珍しくなく、なんだかセックスしたい→相手を探そうという計画性でも、何とかなってしまいます。

彼には悪いと思っていますが・・・こんなエッチな体に仕立て上げたのは彼なので、まあいいかなとも思っています。

続きを読む

肉食系女子はセフレ向き

これからセフレを探すのであれば、おすすめは肉食系女子です。彼女らは本気の恋愛よりも、快楽を得ることが優先で考えています。キスよりも性器の挿入など、気持ちよさだけを追求したわりきった関係を好みます。
男性的な思考を持つ彼女らは、交流・セックスいずれも思い切りが良く、こちらにストレスを与えません。

使うサイトは、出会い系よりもセフレ専門タイプが楽です。有料タイプもありますが、無料タイプでも十分に機能します。いずれも登録・利用にはメールアドレスが必要なので、ひとつ専用のものを用意しておきましょう。

可能であれば通話アプリも用意しておきましょう。メールよりも利便性が高く、また既読の有無が確認できるため、脈の有無を一目で判断できます。

言うまでもなくセフレ獲得のコツは、脈のある女性にのみアプローチすることです。脈なしの場合は、早々に交流を区切りましょう。

有料タイプの出会い系・セフレサイトを利用する場合は、尚のこと通話アプリが重要になります。早期にIDを交換し、交流の場をアプリに移しましょう。そうすれば、有料サイトの料金がかさむことはありません。

なお肉食系女子は、回りくどいやり取りを嫌います。それこそ「する?」「しよう!」くらいに簡潔なやり取りで構いません。返事は迅速かつハッキリと伝えましょう。

はじめは上手くいかなくとも、気概することありません。この手の場は“慣れ”がものをいうので、失敗も経験として受け止め精進します。場数をつめば自然とコツがわかってくるので、頑張りましょう!

続きを読む

男性的思考の女子ほどセフレ向き

セフレは恋愛感情を持ちません。また恋愛そのものを嫌悪する人も多いです。

そもそもセフレを希望する人たちは、恋愛に纏わる手間・ストレスを嫌い、セックスだけで繋がったわりきり関係を選択しています。なかにはパートナーとの複雑な事情からセフレをつくる人もいますが、いずれにせよ“セフレと恋愛関係に発展することはない”と言えます。

しかし例外もあります。それは、所謂メンヘラと呼ばれる存在です。

セックスに限らず、あらゆる面でこちらに依存するメンヘラは扱いが困難で、且つ多くのトラブルを招きます。一方的に好意を寄せてくるセフレはメンヘラを疑い、早々に関係を終わらせましょう。

扱いやすいセフレはサバサバ系女子

イエスかノーかで物事を判断できる、男性的思考を持つ女子ほどセフレに向いています。

曖昧な返事をしない彼女らとの交流であれば、まずストレスを感じません。それこそ、同性と交流しているかのような感覚さえ覚えます。

このタイプは、連絡先の交換にも積極的です。有料のセフレサイトを使うのであれば、このメリットも活かすためにもサバサバ系女子にターゲットを絞りましょう。早い段階でメールや通話アプリIDを交換(サイト外での交流が)できれば、利用料を抑えることが出来るためです。

続きを読む

誰もがセフレを希望する時代

セフレを作る事がが流行しています。これはセックスのみを楽しむだけのわりきった男女関係であり、独身・既婚問わず重宝されています。

セックスフレンドを希望するに至る背景は、概ね2つに分けられます。

ひとつは、純粋にセックスパートナーを求めているケース。独身の男女であれば、ごく普通の欲求であり流れです。人恋しさから、一夜限りの相手を探すケースも目立ちます。既婚の男女の場合は、セックスレスを起因とすることが多いようです。

もうひとつは、性欲よりもスリルを求めているケース。すでに特定のパートナーがいるにも関わらず、他人に肉体を許す・・・そんなシチュエーションに興奮する人たちです。ノーマルなセックスに飽きたらず、露出・青姦なんでも有りなので、相手にする場合は事前に性癖を確認しておきましょう。同じ性癖でなければ、関わらないほうが賢明です。

実は女性に希望者が多いセフレ

パートナーとのセックスに気を使うと答える女性は多く、セックスで溜まったストレスを発散するために、セフレを希望するケースが目立ちます。

あなたが男性であり特定のパートナーがいるなら、気を付けましょう。相手は本当に、あなたとのセックスに満足していますか?あなただけが楽しみ、相手に負担を強いていませんか?セックスレスであるなら、尚のこと自身とセックスを振り返ることが大切です。

続きを読む

▲ページトップに戻る